忍者ブログ

このブログは「ときメモサッカー」TMFAに所属するイレブン・ウィナーズのブログです。ある意味関係者以外お断りなブログです。

2018 . 01
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    12 2018/01 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新コメント
    [10/17 松浦くるみ@練習前のWBL]
    [08/01 ユウ@EWI]
    [06/29 ユウ]
    [04/17 サツキ]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    super_swan13
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    BlogPet

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     こんばんは、藤崎です。
     今日は飛行機で広島に戻って、午後練習を行いました。

     でもなんだか練習に身が入っていないような雰囲気です。
     まあ仕方がないとは思うんです。あんな負け方をして、もえぎのに記念杯争奪戦のホーム開催権を持ってくることができなかったんですから。

     でもそれにしてもショックが大きいような感じです。
     このままで明後日のゲーム、大丈夫なんだろうか、なんだか心配です。

    PR

     こんばんは、藤崎です。
     今は試合が終わって宿舎に戻ってきたところです。

     今日はフェンスティエレでSCMとの試合が行われました。
     今日のゲームで勝つと、残り2節での優勝がかなり近くなりますから、いつも大切なのですが今日は勝つようにみんなで気合いを入れました。
     おかげで結構みんなも集中して試合に取り組んでくれて、いいゲームになったと思います。

     SCMは今日はどちらかというと、この後行われるクラブチャンピオンシップの調整といった感じで、あまりガツガツとはきませんでした。
     だから私たちも結構伸び伸びとやれたんじゃないかな、という気がします。
     ただ前半はさすがに守りが堅く、結局ゴールを割ることができませんでした。

     でもあまり心配はありませんでした。
     最悪引き分けでもいいわけだし、後半もまだあるわけですから。
     そうしているうちに、後半始まって10分くらいした頃に、美夏ちゃんのFKを麗華さんが頭でゴール正面に落としました。
     そこにはSCMの渡井さんがいて、何とかクリアしようとしていました。
     普通なら諦めてしまうところです。でもちょっとバウンドが大きくなったのを見て、私はゴーサインを出しました。
     猛然と渡井さんに突っ込んでいって、渡井さんがコントロールしようとしていたボールを奪うと、

     前にはGKしかいませんでした。
     撃っちゃおう!

     そう思って一瞬の判断の後にシュートを放ちました。
     そのボールはGKの手をかすめて、ゴール右に飛び込んでいきました。

     やっと先制点を奪えた、そのことに安心したのでしょうか、その後日向さんからボールを奪おうとして思わず足を蹴飛ばしてしまいました。
     そのまま日向さんはゲームに残っていましたけど、どうやら怪我をしたようです。
     クラブチャンピオンシップに参加できると思ったのに、残念でならないことでしょう。
     ゲームが終わった後、足を引きずる日向さんに謝りにいきました。
     日向さんは笑って許してくれましたけど。

     …本当はゲームに出たかったはずで、悔しいでしょうね。

     とにかく私があげた1点をティナをはじめとした守備陣が守りきって、1-0で勝ちました。
     そして2位のWBLが4位のDMSと引き分けたので、勝ち点の差が3と広がりました。
     EWIとWBL、HAN、DMSとの差が最終戦の段階で4に広がったら優勝が決まるということで、まずは次のHAN戦が非常に大切になってきます。
     HANは今日も負けてしまい、7戦連続勝ちなしの状況になっただけに、次は餓えた狼状態で来るだろうと思われますし。
     だけどHANに勝ってWBLが引き分け以下なら優勝が決定、ということですから、とにかく次のHAN戦には絶対に負けたくはないですね。
     とにかく優勝に向けて頑張ります。12月にもえぎので戦えるように頑張ります。みなさんも応援をお願いいたしますね。

     こんにちは、藤崎です。
     今日は佐伯で撰鋭近衛隊戦が行われました。

     でも私はあまり体調が良くなくて。
     実は今日アノ日でして、しかも最も酷い日でした。
     そんな中でもゲームをやらなくればいけないのですから、大変といえば大変でした。

     そしてゲームが始まったのですが、結構攻め込んでいるのになかなかゴールが奪えない、というもどかしい展開の中で進んでいきました。
     相手はなかなか攻めがつながらないので、こちらとしてはチャンスなのですが、何となくみんなも苛立っているような雰囲気がありました。
     そしてそのうち、わずかの隙を突かれて、ゴールを許してしまいました。
     一体どうしたらいいんだろう、そう思いながらベンチの方を見ても、野咲監督は全く動こうとしません。

     前半の終盤辺りは急に向こうの攻めがつながり出して、危ない場面なんかもあって、0-1なのが不思議なくらいでした。
     もっとも私にしてみれば、0-1で負けているのがおかしいくらいにこっちが攻めていたように感じたのですが。

     ハーフタイムではとにかく前線からのチェックを確実に行い、できるだけ少ない手順でゴールに迫っていくことが確認されました。
     私としては、やはりスピーディーな展開というのが一番このチームにはあっていると思いますので、生理で身体が重い中、なんとか頑張っていこうと思いました。

     そして後半が始まって早々、サイドから森下さんが飛び込んでボールを受けたところでファウルを受けます。
     そしてその場所はペナルティエリア内。

     PKです。
     誰が蹴るか、私(詩織のことです)が蹴った方がいいんじゃないの? という声があったのですが、私はあえて藤堂さんに蹴ってもらうように進言しました。
     藤堂さんは第2ステージが始まって以来12戦ノーゴール、どうも自信を喪失しかけているところがありました。だからとにかくPKでも何でも、とにかくゴールを決めさせてあげることが大切、そう思っていました。もちろん失敗したらダメージはそれ以上に大きくなると思いましたが。
     そして藤堂さんは硬い表情のままボールを蹴りました。
     二階堂さんは左上に跳び、ボールはゴールネットの右上に突き刺さりました。

     やっと藤堂さんにゴールがついた、藤堂さんはやっとホッとした表情で私たちに振り返りました。
     もう大丈夫だろう、私は藤堂さんを見てそう思いました。

     しばらくプレーした後、私は井上さんと交代しました。
     キャプテンマークも井上さんに任せます。
     井上さんは真剣なまなざしでピッチに入っていきました。

     そしてロスタイム。
     井上さんからのパスを受けた遠藤さんが左に展開しながら藤堂さんにパスを出します。
     遠藤さんからのパスを受けた藤堂さんは、目の前のDFをかわしざま、ゴール右隅に鋭いシュートを放ちました。

     そしてゴールネットが揺れました。

     とうとう逆転、ロスタイムにすごい展開になりました。
     それほど時間もないし、後は徹底的にボールを抑え込んでしまえば勝ちが見えてきます。
     みんなもそれが分かっているから、徹底的にボールを相手の思う通りにはさせませんでした。
     そしてホイッスル。

     2-1で逆転勝利を収めました。

     そして気になるほかのスタジアムの結果を見ます。

     WBLはFCHに2-1で勝ったみたいです。
     そしてHANは…
     ハーフタイムで、0-2で負けているのは確認したのですが、ピッチからおりた時には2-2になっていました。

     2-2!

     ドローに終わったことが分かると、私たちは歓声をあげました。
     とうとう私たちが首位に立ったんだ!
     みんな嬉しそうに飛び跳ねていました。

     ミーティングの時に、野咲監督から、明日は1日オフにして別府の地獄めぐりと温泉入浴を楽しもう、と提案され、みんな1も2もなく賛成しました。

     今日はこの後別府に移動して宿泊し、明日は別府観光の後に「富士」でのんびり東京に戻ってきます。そして新幹線で新潟・もえぎのへ。
     来週のゲームがホーム最終戦ということで、対FCH戦、2年越しの負けなし記録を伸ばしたいですね。

     なお最後に、ですが、私は次のFCH戦は休みを取ることになりました。
     体調をしっかりと戻してから次からのアウェー戦に臨んでほしいということでした。
     ホーム最終戦に出られないのは残念ですけど、仕方がないですね。

     それでは今日はここまでにします。

     こんばんは、藤崎です。

     今日ちょっと怪我をしてしまいました。
     あとで向こうの藤崎さんが謝りにきてくれましたけど。

     自分のこと以上にチームが暗い雰囲気になっているようです。

     今日はWBL戦。
     もちろん相手は優勝候補だし、桜花杯から全く勝てていない相手なので、私たちもとにかくなんとか勝てる方策を考えていました。
     その中で、とにかくサイドから抉って藤堂さんにボールを集めよう、そう話をしていました。

     でも序盤はとにかく向こうの流れにのせてしまいまして。
     ティナの頑張りもあって何とか点を取られないようにはしていたのですが、結局残り10分少々になった時にわずかの隙を突かれて得点を許してしまいました。
     前半はそれで0-1でリードされてしまいました。

     ハーフタイムのミーティングの時に、必ず流れはうちにくるから、そこで畳み掛けていこう、と話をしました。
     実際後半になった時に、うちの流れに何度もなりました。
     でも藤堂さんを使った展開に向こうがどうしてもさせてくれませんでした。
     そうこうしていくうちに、時間だけがどんどん経ってしまって。
     終盤は結構シュートもがんがん撃っていたんです。

     でもWBLのゴールネットを揺らすことは結局ありませんでした。

     そして他のゲームの結果も出て…

     最下位という事実だけが残されました。
     他の5位以下のチームは何とか引き分けに持ち込むことができたみたいで、結局2連敗はうちだけということになってしまいました。

     どうしたらいいんだろう、なんだか悔しく感じました。
     そして途中でけがした足は、結局交代できずにそのまま残されたので悪化してしまったようです。
     2週間、ゲームに出られないのは辛いです…
     2週間もチームに貢献できないなんて、辛いです…

     こんばんは、藤崎 詩織です。
     昨日はとにかく勝てて良かった、です。

     何しろ昨日は本気で勝ちにいきましたから、これで負けたらそれこそ大変なことになっていました。
     野咲監督も試合が終わった直後には、ホッと胸を撫で下ろしていましたから。
     特に私達にはどうのこうのとは言っていませんでしたけど、監督として相当のプレッシャーを感じていたのかもしれません。
     それがなくなっただけでも、大きな重荷がとれたような気がしただろうな、と思います。

     さて今日は広島から北見に直接行くことになっています。
     いったんもえぎのに戻ってそれから、というのも考えたみたいなのですが、やはり中3日で本番ということも考えると、もえぎのから北見まで移動するのも時間がもったいないと思うんです。
     それに北見は(というよりは関東は、と言った方がいいか)今夏休みですから、高校のグラウンドとかも借りられるでしょうし。
     ということで、またしても豪雨で遅れは出たものの、行きと違ってさほど慌てもせずに悠然と構えていました。

     でも…
     WBL戦は大変そうな状況です。
     先のゲームで森下さんに日向さん、そしてバックアップメンバーの有森さんも怪我をしてしまい、既に怪我をしていた綾崎さんも含めるとボランチが全く組めない、という状況になるわけです。
     ただでさえ2人少ない21人でベンチ入りをしなければいけないわけですし。
     まあそれを言ったらWBLも森井さんの出場停止と桂木さんの怪我があるのですから状況は似たような感じかもしれませんけどね。
     ただWBLはバックアップメンバーでSKUをこてんぱんにしてしまいましたからね。ある意味脅威かもしれません。

     まあとにかくまずは自分のやれることをやって。
     で日曜日に臨むしかないかな、とは思います。

     こんばんは、藤崎です。

     …終わりました。
     ホイッスルが鳴った瞬間、歓喜のWBLの選手たちを横目に、私たちは絶望のどん底に落とされていました。

     1-2

     これから変わることもないスコアを見て、そして私たちははっきりと悟りました。

     優位に立っていた筈の第1ステージの優勝が、100%なくなったという「事実」に。

     今日は勝たなければいけない戦いでした。
     しかし藤堂さんを怪我で欠き、WBL守備陣には余裕も漂っていました。
     序盤はとにかくサッカーをさせてもらえなかった、そんな感じでした。
     そして前半の中頃に2点立て続けに取られてしまいます。
     よりによって一番抑えなければいけない後藤さんに。

     WBLは後藤さんを生かすために羽柴さんと井上さんが献身的に動いている、という印象を受けました。
     そうすれば点が取れる、そして勝てる、という方程式を、WBLは確実に手にしていました。
     そしてそれを巧みに作り上げて行く、それがWBLの強さだと悟りました。

     うちの強さは?
     藤堂さんの高さを生かしてのポストプレー。
     それがうちの強さともいえたのではないかと思いました。
     ということは、藤堂さんを怪我で欠いた今日のゲーム、負けるのは必然だった、ということも言えたかもしれませんでした。

     でも私たちは必死に抵抗しました。
     後半にとにかく責め立てて、そして相手のファウルで得たFKを私が直接決めました。

     あの時は、とにかく胸のつかえがスーッと取れたような、そんな気分のいいシュートでした。
     吉野さんが反応しきれないシュートを決められた、これはセットプレーの醍醐味に通じるものがあるかもしれませんね。
     でも同じことを同じように出来たら、数分後にはそう感じました。
     同じような位置からのセットプレー、蹴り方をちょっと失敗したのですが、それだけでもきちんと吉野さんは対応してしまいました。
     そしてその後はうちの攻撃陣がWBL守備陣にいいようにあしらわれてしまいました。

     そしてホイッスル。

     4連勝で折角いい位置にいられたのに。
     結局優勝しなければ、それでおしまいなんですね。
     よく考えたら、私たちはどのゲームでも1点しか取れませんでした。
     WBLみたいに、後藤さんが常に2点取れるだけの力はありませんでした。
     これがうちとWBLの力の差だったのかもしれませんね。

     次の第2ステージでは、絶対こんな悔しい思いはしたくありません。

     こんばんは,藤崎です。
     最近中の人が弛んでいるという噂がありますけど…
     まあ普通の練習風景を毎日書いていても飽きますものね。
     御愁傷様です。

     さて、現在の状況をお知らせしますね。

     今はとにかくSKUに勝つための練習を進めています。
     何しろ最近ここのチームについては情報が全くと言ってもいいほど入ってきませんから。
     フォーメーションを代えてくるのか代えてこないかも分かりませんし。
     …ただ少なくても言えることは,普通のフォーメーションでないだけに穴が結構あって攻めやすいところがこのチームのポイントだと思います。
     ただ気になるのは,この前の対戦で結局1点しか挙げられなかったことです。
     Woody BELL'Zは2試合で5点(しかも2試合目は後藤さん抜きで),FCはばたきは3点をもぎ取っているのに。
     この後のことを考えると,このゲームでたくさん点を取っておきたいところですよね。
     とりあえず藤堂さんの高さと桐屋さんの運動量で何とか攻めていくしかないかなとは思いますけど。

     …とにかく、明後日のゲームは勝ちに行きますので,皆さんもご声援をお願いします。


     何だかもうWBLのオーダーが発表されているみたいですので、ブログを見ました。
     好調な星野さん以外はベストオーダーですね。

     でも予想した通り、野崎さんが右で佐野倉さんが中央みたいですね。

     実はWBLの守備陣の問題点は、そこにあるんですよね。
     高さがないというより、佐野倉さんを中央にしなければいけないチーム構成が。

     高さという意味では、野崎さんならまだ何とか戦えると思うんですよね。
     藤堂さんと5cm違うだけですから。
     ただ運動量という点を考えると、佐野倉さんの守備範囲の広さは馬鹿にならない、そういう考え方もできる訳です。
     それで佐野倉さんを中央に持って来た、という訳だと思うんです。

     でもその場合、サイドから抉るうちのスタイルだとやられる可能性が大きいと思うんです。
     森下さんはともかく、野崎さんはそれほど足が速いとも思えないですし、その彼女が音無さんや陽ノ下さんと競り合えるかというと。
     これが佐野倉さんが相手だとそう簡単にはクロスを上げにくくなると思うんです。
     佐野倉さんは足が速いですから、簡単に追いつかれてしまいますし。

     これでうちが勝てる確率が大きくなったかな、なんて思っています。

     さて、左サイドから徹底的に崩す練習をしっかりとやりましょうね。

     こんばんは、藤崎 詩織です。
     昨日は本当に勝てて良かったです。
     あのとき藤堂さんとワンツーで抜けてゴールを挙げられたのは良かったですけど、どこかのチームみたいにゴールを挙げたからご褒美、ということはありません。
     第一うちの監督は女ですし。

     そうそう。
     今日改めて野咲すみれちゃんが新監督に就任することが決まりました。
     私たちより年下の監督さんですけど、人生経験は私たちよりも上なので、頼りにしています。

     野咲監督の凄いのは、決して腐らずにチームのためになるにはどうすればいいかを冷静に考えて、そして裏方に徹して頑張ってくれていたことです。
     Woody BELL'Zから移籍した西村さんが新天地で頑張れたのも、もちろん本人の努力もあるのでしょうけど、野咲監督がいろいろとアドバイスをしていたことも大きいんです。
     もちろん私たちにも的確なアドバイスをくれたりして、それが大変参考になることも多かったです。
     だからなんでしょうね、野咲さんが監督になることを嫌がる空気は実はありませんでした。
     逆に年下の監督さんだから、私たちが一生懸命頑張ってチームを盛り立てなければいけないな、なんて考えています。
     このチームで優勝、狙いましょう。

     おはようございます、藤崎 詩織です。
     本当ならば昨日ゲームのことについて触れたかったのですが、あまりにも悔しくてどうしてもその日のうちにかけませんでした。本当にごめんなさい。

     昨日のWBL戦は非常に難しいゲームでした。
     いきなり私を起点にして光ちゃん、竜子ちゃんのコンビで先制できたのは良かったんですが、その後サイドからの攻撃が上手く決まらなくて。
     思ったのは、攻撃のキープレイヤーだった夕希さんを向こうの森井さんが効果的に潰していたことです。前戦のDMS戦では夕希さんからの攻撃が上手く決まっていただけに、なおのことそれが効果的だったように思いました。
     自分達の思ったようにできず、イライラするような展開が続きました。

     そしてあの女!

     後半のあのFKには度肝を抜かれました。
     あの女は確かボランチで登録されていたはずだったと思うんですけど、井上さんが怪我で出られないので、本来のトップ下で出ていたようなんです、
     そしてあの場面でFKを蹴って。
     直接入れちゃうなんて!

     井上さんのFKはあまりにも有名なんですけど(実際井上さんのFKからの得点も今シーズンはありましたし)まさかあの女までそれができるとは。

     あのチームは活躍したら「ご褒美」とかいって、監督さんとHができる、という噂を聞いていますけど、もしかして昨晩あの女は…

     あっ、断っておきますけど…
     こっちの藤崎詩織は、そういうことには興味がありませんから!

     …とにかく、今日もえぎのに戻って今度はホームで臨戦態勢を整えないといけないですね。

    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]