忍者ブログ

このブログは「ときメモサッカー」TMFAに所属するイレブン・ウィナーズのブログです。ある意味関係者以外お断りなブログです。

2018 . 11
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新コメント
    [10/17 松浦くるみ@練習前のWBL]
    [08/01 ユウ@EWI]
    [06/29 ユウ]
    [04/17 サツキ]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    super_swan13
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    BlogPet

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     こんばんは、麗華よ。
    (何かキャラ違うとかいわれそうだけど、気にしないでね(笑))

     今日はDMS戦が行われたの。
     何といっても開幕戦で煮え湯を飲まされたからね、なんとかケチョンケチョンにやっつけたいと思ったわ!
     そして今日も私がレギュラー。こんなに嬉しいことはないわ。

     さてゲームのお話ね。
     前半はどっちかというと様子見のような雰囲気で過ぎていったわ。
     とにかくどっちも手の内を隠して、数少ない手の内だけでゴールを狙っていく、といった感じで。
     でも何となくだけど、うちの方がポゼッションも良かったし、攻撃もきちんと決まっていたので、後半は期待できるかな、という感じだったわ。

     そして後半。
     その予感は当たっていたわ。
     開始早々森下さんからのパスを受けてシュート。結果的にサイドネットを揺らしただけだけど、これで、後半はもっとうまくできると確信を持ったわ。
     そして18分でしたわ。
     右サイドをドリブル突破してきた森下さんからのクロスを頭で合わせて。
     そのボールがゴールに吸い込まれた瞬間、なんだか嬉しくなって飛び上がっちゃったわ。
     これがあたしの仕事なんだ、なんて浮かれちゃって。

     で結局はうちは攻め続けて、勝利をものにしたんだわ。
     結果を聞くと、WBLが最下位のSSSに負けて、HANがSCMに引き分けたというから、とうとう首位との勝ち点差が3に縮まったわけですわね。
     これでみんなも、
    「記念杯も頑張ればとれるかもしれない!」
     そんな印象を持てるようになったかもしれませんわね。

     そんなわけで次はWBL戦。12日の記念杯と15日のWinter杯とで連戦になるんだけど、どちらも勝ってあの人たちをギャフンと言わせたいわ!

    PR

     はじめまして、鬼澤です。
     ちなみに中の人は私のことを知らないというので(中の人はあくまでも物語重視で選びますので、キャラクターの知らない人は選びません。WBLはそういう意味で全員知っているわけですが、EWIは信之介様からの預かりものですので、知らないキャラもいます。ご了承下さい)適当に作りますので、キャラが違うということはいわないように。

     今日は午前中かけてフォーメーションを確認しました。
     オーダーはいつもの通り、森下さんに代えて前戦で得点を挙げた神戸さんを入れます。

     ポイントは私たちの武器のサイド攻撃。
     特に音無さんのいる左サイドの攻撃は徹底的にやりました。
     SKUとWBLの違いは、エースの藤堂さんへのマークです。
     SKU戦では碧川さんがマークについて藤堂さんがやりにくかったようですけど、WBLには藤堂さんとやり合えるだけのDFがいませんから、サイド攻撃がきちんとできれば結構点が取れると思うんです。
     もちろんWBLだって間抜けじゃありませんから、サイド攻撃についての対策を立ててくると思うんですけどね。
     そしてうちも守備の確認をします。
     WBLは伝統としているサイド攻撃だけでなく、中央からの突破、そしてFKからの攻撃と、攻撃自体は非常に多彩です。
     特にセットプレーは1回戦でも1点を事実上挙げている(実際にはエース後藤さんの得点ですけど、その前の井上さんのFKでGK御田さんが動かされての得点ですから、FKからの得点といっても過言ではないでしょう)ほどですから、警戒をしないといけません。
     幸いに井上さんは負傷して出なさそうな雰囲気ですが、それでも藤崎さんがいるし、警戒は緩められないですね。

     とにかく勝つこと。最低でも点を取って引き分ければ有利になると思います。
     みんな、頑張ろうね。

    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]