忍者ブログ

このブログは「ときメモサッカー」TMFAに所属するイレブン・ウィナーズのブログです。ある意味関係者以外お断りなブログです。

2018 . 01
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    12 2018/01 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新コメント
    [10/17 松浦くるみ@練習前のWBL]
    [08/01 ユウ@EWI]
    [06/29 ユウ]
    [04/17 サツキ]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    super_swan13
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    BlogPet

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     試合終了のホイッスルが鳴りました。
     4-2。とにかく最低限のラインである勝利を手にすることができました。
     しかし。

    「WBL対HAN戦の結果次第ですね。HANが同点に追い付ければいいんですけど…」
     野咲監督が懸念していたWBL対HANは1-0を表示したままです。
     そして、そこに「END」の表示。

    「END」、つまり試合終了、ということ。
     もうここから先、スコアは動かないということ。

     つまり…

    「チックショー!」
     そう叫びながら荒々しくマグパイ・パークの芝生を蹴り上げる選手がいました。
     主将の藤崎さんでした。
     その声をきっかけに、ピッチにいるEWIの選手たちがくずおれるようにピッチに倒れ込みました。

     結局、私達は優勝できませんでした。

    PR

     こんばんは、野咲です。
     今日は午前中から2時くらいまでもえぎので練習をした後、福岡行きの飛行機で福岡に移動しました。
     いつもなら春日まで出るのですが、春日まで出ると時間がかかりそうなので博多駅近くのホテルに泊まることになりました。
     それに、この後広島に移動になるか東京に移動になるか分からないですから(一応このブログが出ている頃には中の人が結果を公開しちゃっていると思いますがw まだ私たちはゲームをしていませんよw)博多駅の近くならいろいろと動けると思いますし。
     それと、一応博多駅は福岡空港から電車で2駅ですし、そのくらいは我慢してもらって。

     そんなわけで無事に博多駅近くのホテルに着いたのですが、みんなはさすがに疲れた様子で、調子の悪くなった選手も何人かいるみたいです。
     まあ今日は食事を取ったらすぐ寝ましょう、ということにしましたので、みんなはもうぐったりして、食事を取った後は静かに眠りについたみたいです。

     あとは明日、ですね。勝って優勝できるといいな、と思います。

     こんばんは、野咲です。

     今日は完敗でした。
     とりあえず何とか勝って優勝にチェックメイトをかけたいと思っていました。
     少なくてもWBLはSKUに負けるはずがないのですから、勝つか、最悪引き分けで優位に戦おう、という考えでした。
     でもHANの執念がそれを上回っていた感じでした。
     HANは数少ないチャンスの中で、しっかりとそれをものにしてきました。やはり桜花杯を勝ってきたチームというだけあって、そつのなさはさすがと唸らせました。
     一方のうちは、シュートは空撃ち、大切なところでファウルをとられてイエローを出されてしまう。
     そういったところにチームの未熟さが出てきたように思いました。
     最終戦、もう一度やり直しですね。

     とりあえず今の時点で分かっていることを挙げます。

    1 うちは勝たなければ優勝はできない。
      但し勝ったとしてもWBLが勝ったら優勝はWBLになる可能性が高い。
     (WBLが勝った上で優勝するためには、最低4点を取らないと勝てないらしい)
    2 HANが勝たなければ、うちの勝敗に関わらず2位以内が確定する。
      この2位以内は非常に重要で、引き分けもしくは負けた場合でも、優勝がWBLなら
     11月20日の代表決定戦でチャンスが残ることになる。
    3 最終戦でけがをした場合は代表決定戦がアウト。
    4 最終戦で退場もしくは累積警告2枚の場合は、代表決定戦、もしくは記念杯争奪戦の第1戦で出場停止となる
      今日イエローが3人増えたから、これが実は大きな足かせとなっています。
      まあファウルをしなければいいんですけどね。

     とにかく次のSSS戦で勝たなければ先はないわけですから、まずは勝つことだけを考えたいと思います。
     今度こそ気を引き締めてがんばってほしいと思います。

     こんばんは、陽ノ下 光です。
     いつもWBLの変態ブログの方はきちんと書くんだから、こっちの方もきちんと書いてほしいんだけどな〜(笑)

     ということで、明日のオーダーを公開しちゃいます。

    GK  1 西村 知奈
    DF 23 真理亜=シャルロット
       20 加藤 美夏
       13 八重 花桜梨
    MF 15 パトリシア・マクグラス
        5 綾崎 若菜
       22 森下  茜
        7 陽ノ下 光
       10 藤崎 詩織
    FW 11 音無 夕希
       19 藤堂 竜子

     藤堂さんが復調してきたのは大きいなと思うので、明日はしっかりと勝ってくれると思います。
    (私も出ているのに、「と思います」というのも変だとは思うんだけどね)

     とにかく、明日勝って、WBLが引き分け以下だとここで優勝が決まるということなので、しっかりと戦って勝ってきたいと思います。
     みんなも応援よろしくね♪

     こんばんは、野咲です。
     今日は横浜からもえぎのに戻ってきました。
     まあ次は東京なのでそのまま関東に残っても良かったかもしれないのですが、やはり家でのんびりできる時にはのんびりした方がいいですし、そういうわけでこの3連戦はもえぎのに戻ることにしました。

     それにしても、あと2試合になりました。そして優勝の行方もだいぶ混沌としているような気がします。
     でも確実なのは、次のHAN戦で勝てば、優勝の確率が高くなることです。
     HANは最近調子が良くないみたいで、現在7戦連続未勝利の状態が続いています。
     そういう時だからこそ、真剣にHANと戦って勝利を収めたいと思っています。
     まあWBLがSKUに負けるということはないと思うのですが、勝敗に「絶対」はありません。
     実際HANはSKUに敗れているわけですし。
     だから、次のHAN戦でしっかりと勝って、そして最後のSSS戦でも勝てばいいんじゃないかな、と思っています。

     まあとにかく、残り2戦、12月にもえぎのに戻って来れるようにがんばります。

     こんばんは、藤崎です。
     今は試合が終わって宿舎に戻ってきたところです。

     今日はフェンスティエレでSCMとの試合が行われました。
     今日のゲームで勝つと、残り2節での優勝がかなり近くなりますから、いつも大切なのですが今日は勝つようにみんなで気合いを入れました。
     おかげで結構みんなも集中して試合に取り組んでくれて、いいゲームになったと思います。

     SCMは今日はどちらかというと、この後行われるクラブチャンピオンシップの調整といった感じで、あまりガツガツとはきませんでした。
     だから私たちも結構伸び伸びとやれたんじゃないかな、という気がします。
     ただ前半はさすがに守りが堅く、結局ゴールを割ることができませんでした。

     でもあまり心配はありませんでした。
     最悪引き分けでもいいわけだし、後半もまだあるわけですから。
     そうしているうちに、後半始まって10分くらいした頃に、美夏ちゃんのFKを麗華さんが頭でゴール正面に落としました。
     そこにはSCMの渡井さんがいて、何とかクリアしようとしていました。
     普通なら諦めてしまうところです。でもちょっとバウンドが大きくなったのを見て、私はゴーサインを出しました。
     猛然と渡井さんに突っ込んでいって、渡井さんがコントロールしようとしていたボールを奪うと、

     前にはGKしかいませんでした。
     撃っちゃおう!

     そう思って一瞬の判断の後にシュートを放ちました。
     そのボールはGKの手をかすめて、ゴール右に飛び込んでいきました。

     やっと先制点を奪えた、そのことに安心したのでしょうか、その後日向さんからボールを奪おうとして思わず足を蹴飛ばしてしまいました。
     そのまま日向さんはゲームに残っていましたけど、どうやら怪我をしたようです。
     クラブチャンピオンシップに参加できると思ったのに、残念でならないことでしょう。
     ゲームが終わった後、足を引きずる日向さんに謝りにいきました。
     日向さんは笑って許してくれましたけど。

     …本当はゲームに出たかったはずで、悔しいでしょうね。

     とにかく私があげた1点をティナをはじめとした守備陣が守りきって、1-0で勝ちました。
     そして2位のWBLが4位のDMSと引き分けたので、勝ち点の差が3と広がりました。
     EWIとWBL、HAN、DMSとの差が最終戦の段階で4に広がったら優勝が決まるということで、まずは次のHAN戦が非常に大切になってきます。
     HANは今日も負けてしまい、7戦連続勝ちなしの状況になっただけに、次は餓えた狼状態で来るだろうと思われますし。
     だけどHANに勝ってWBLが引き分け以下なら優勝が決定、ということですから、とにかく次のHAN戦には絶対に負けたくはないですね。
     とにかく優勝に向けて頑張ります。12月にもえぎので戦えるように頑張ります。みなさんも応援をお願いいたしますね。

     こんばんは、麻生です。
     今日はみんなでクラブハウスに戻ってストレッチをしながら談笑をしていました。
     やはり首位に立っていると、みんなも表情がうれしそうですよね。
     第1ステージの最初の頃もこんな感じだったんですけど、あの時は野咲監督がちょっと考え込んじゃって結局ステージをとることはできなかったんですけど、そのときの教訓が今はしっかりと生きているみたいです。
     とにかく怪我人が出てもびくともしなくなった、というか、それだけ選手層が厚くなったということがいえると思うんです。また野咲監督が自信を持って指揮をしていることも大きいかな、と。
     何しろ第1ステージの時には本当にビクビクしていましたから。

     ところでここにくると優勝争いを意識しなくてはいけませんね。
     みんなの話もその辺りに集中しています。

     現在の順位は以下の通りとなっています。
     1位 EWI 勝ち点20、得失点差3
     2位 WBL 勝ち点19、得失点差3
     3位 HAN 勝ち点18、得失点差3
     4位 DMS 勝ち点17、得失点差3

     5位のSCM、6位のFCHも一応優勝の可能性は残されていますけど、事実上優勝争いはこの4チームに絞られた、といってもいいらしいです。
     そしてこの後の対戦相手ですけど。

     EWI SCM→HAN→SSS
     WBL DMS→SKU→HAN
     HAN FCH→EWI→WBL
     DMS WBL→FCH→SKU

    「HANはきついですね」
     藤崎さんがいいます。
    「FCHだってまだ崖っぷちとはいえ優勝を望める位置にいるでしょうし、そのあとにうちとWBLの2強との対戦が残っているからね」
     藤堂さんの言葉です。
    「逆にいえば、そこでしっかりと勝ち抜けば文句なしの優勝候補最右翼!」
     これは咲野さん。…キャラ違っていても気にしないでね(笑)
    「…てかWBLに勝った時点でゲームは終わってHAN優勝、だろうね」
     その後を桐屋さんが引き継ぎます。 …キャラ違っていt(ry
    「そうならないようにしたいものですね」
     橘さんが凛とした声で引き継ぎます。
    「それにしてもDMSが来たのは意外だったな」
    「そうですね」
    「次のWBL戦にも勝ったらそれこそ大変なことになりますよ。あとはFCHとSKUという下位チームなんですから」
    「それにしてもそのチームがスポンサーがなくて来シーズン消滅か、というのは不思議な気がするけどね」
    「なんか横浜フリューゲルスのような雰囲気になっていますよね」
    「だから要注意だよね。といっても直接対決できないからどうしようもないけど」
    「それが痛いよね」
    「ところで王者WBLはどうなんだろう?」
    「優勝争いでガチガチになってくれれば面白いけど」
    「それはないでしょう、あれだけ優勝争いを経験しているチームだから。北見監督も歴戦の策士だし」
    「そうだよね、あそこは北見監督のハーレムチームだもんね」
    「それを言ったら、HANだって主人監督のハーレムチームじゃない!」
    「はぁ… うちのチームって何で男っ気がないんだろう?」
    「いるじゃない、ユウ君」
    「ユウ君? お子ちゃまじゃない?」
    「そうでもないよ、この前の別府のとき、さゆりと若菜が出させちゃったんだよね、ピュッて」

     はぁ、なんだか話が脱線してきました…

    「まあとにかく戦術とかは野咲監督が指示してくれるし、監督も第1ステージのときと違ってしっかりとしているから、私たちは監督を信じで頑張るだけ、いい?」
     私が締めると、みんなもやっと真剣な表情になって、
    「はいっ!」
     と応えてくれました。

     どうやらあと3試合、みんなも真剣に頑張ってくれそうですね。

     こんばんは、アロエです。
     今日はホームさいしゅうせんのFCはばたきせんでした。
     あと3試合もあるのですけど、何でものこり試合が全部アウェーせんなので、今日がスーパースワン・スタジアムのさいごの試合になります。

     そういうわけで応援席には「12月にスーパースワン・スタジアムでまた会おう」というおうだんまくが見えました。
     サツキおねえちゃんに聞いてみたら、ゆうしょうしたら第1ステージをゆうしょうした「うっでぃーべるず」とホームあんどアウェーのたたかいをするから、その時には12月23日にスーパースワン・スタジアムでゲームができるんだそうです。

     アロエも12月にここでまたゲームが見たいです。

     試合はいきなり点をとられて、れっせいの中で始まりました。
     対戦相手のFCはばたきはこの2年間うちのチームに勝てないということで、なりふり構わずに点を取ってきました。
     そしてその後はてっていてきに守りながら、なんとかうちのチームが得点するのを阻んでいました。

     そのとき、スタジアムからひめいともとれる声が聞こえてきました。

    「『うっでぃーべるず』が先制をしたみたいだね」
     ユウ君がそう言いました。
    「ちょっとつらいですね。ひびきのエンジェルスが最下位のせんえいこのえたいに負けるはずがないでしょうし」
     サツキおねえちゃんも心配そうにつぶやきました。

     しかしつぎにはかんせいが聞こえてきました。
     みると、「SKU 2 - 0 HAN」となっていました。
    「へぇ、せんえいこのえたいががんばっているね」
    「それにしてもいきなり2点を取るなんてすごいね」
     ユウ君とサツキおねえちゃんがそう話していました。

     そしてハーフタイム。
     野咲かんとくは、
    「とにかく同点に追いつこう。引き分けでもまだ何とかなると思う」
     そうみんなをはげましていました。
     そんな中とちゅうけいかが知らされて。

    「うっでぃーべるずはげんざい1対1の同点、ひびきのエンジェルスは0対2で負けています。うっでぃーべるずは今日はひかえしゅたいのオーダーらしいので、それほど点を取れないのではないか、ということです」
     いちようにほっとしたふんいきになりましたが、それでも今日休んでいる藤崎さんから、
    「とにかくさいてい引き分け、できればぎゃくてんして勝ってくる、くらいの気持ちでないとダメだよ」
     としめられました。

     こうはんもなかなか点が取れずにイライラした感じになりました。
     そして向こうもとにかく攻めてきて、何となくこのまま勝てないんじゃないかな、なんて思っていました。

     神様、お願い、なんとか得点をさせて下さい!
     思わず私はそういのっていました。

     そのいのりが通じたのでしょうか、終了まぎわ、スローインのボールを受けた桐屋さんが真ん中にポーンとボールをけりあげます。そのボールを頭でボーンと藤堂さんがゴールにおしこみました。

     なんとか同点に追いついた。

     そのあとは特に動きもなく、そのまま試合は終わりました。
     引き分けで勝ち点1がもらえたのですが…

    「うっでぃーべるず」はけっきょく引き分け。
    「ひびきのエンジェルス」はそのまま負けてしまいました。

     けっきょくうちのチームが1位のままです。
     みんなもうれしくなりました。
     少なくてもホームのさいごのゲームを首位で終わらせられたということで、みんなホッとしているようでした。
     おうえん席から、
    「絶対12月もここでゲームをやれるようにしてくれ」
     という声が聞こえてきました。
     みんなはそれにえがおでおうじました。

     絶対、ぜ〜ったい!
     このスーパースワン・スタジアムでゲームをやろうね!

     こんばんは、野咲です。
     何だかんだありましたけど、今日昼頃もえぎのに戻ってきました。

     実はそれまでの間、いろいろと考えていたことがありまして。

     オールスターの監督のことなんですけど。
     確かそれぞれのブロックの最上位のチームの監督さんがオールスターチームの監督を務めることになっております。
     もちろん現時点では私が監督、ということになっているのですが。

     実は私が監督をやっていいものか、すごく不安に感じています。

     もともとは牧原さんが監督をやり、私は第2GKという立場でした。
     ところが開幕前に事件が発生し、牧原監督がその責任を取って辞任、急遽という形で私が監督を承ることになったわけです。
     つまり私にしてみれば、何もかもが全く分からないまま監督のお仕事をしてきた、訳です。

     その中で、監督として至らない面がたくさんありました。
     それをみんなのチームワークで助けてもらいました。
     第1ステージでは私の至らなさに、せっかく優勝できそうなチームを最後尻すぼみに終わらせてしまいました。
     そんな私ですから、オールスターの監督なんてとんでもない、と思っています。

     それに…
     私たちのチームはWinter杯の決勝トーナメントに進出しています。
     私たちはこのカップ線に全力を注いで、優勝をしたいと思っています。
     そのために必要なことは、全身全霊を賭けてやっていきたいと思っています。

     でもオールスターはそれから1週間後です。
     監督1年目の私なんかが各チームの選ばれた選手を吟味して、そしてどんなラインアップで臨むかを決めるのには、やはり経験がなさ過ぎると思うのです。
     時間があればそれなりにできると思うのですが。

     そういうわけで、申し訳ありませんが、オールスターの監督を辞退させていただきます。
     できれば経験豊富な北見監督に監督をお願いできれば、と思うのですが。

     本当に私の我が儘でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

     こんばんは、サツキです。
     今日は久しぶりに観光モード一色でした。
     何といってもご褒美に別府の町を散策、ですから。

     実は今回の遠征に、これが今年最後だからとアロエちゃんも誘ったんです。
     そしたらアロエちゃんも「いく〜」といって参加したんですが。
     逆転勝ちでご褒美に別府観光をしようということになって、目が一番輝いていました(笑)

     温泉といっても地獄めぐりは風呂に入れるわけではないのですが、幻想的な風景にみんな思わず見とれてしまいました。
     普段は冷静なティナさんでさえ、興奮して写真を撮っていました。

     そしてやはり温泉と言うことで、遊園地のあるラクテンチに展望風呂があるということで、みんなで遊びに行きました。
     観覧車とかジェットコースターとか、月曜日でお客さんもほとんどいないので貸し切りみたいな感じでした。
     そして展望風呂で…

     ユウ一人で男風呂というのもなんだか可愛そうですし、なにしろ30人ほどの大所帯なので、特に交渉して1時間だけ男女風呂両方を貸し切ってもらうことになりました。
     そしてユウもマネージャーたちと一緒にお風呂に入りました。

     …ユウには刺激が強過ぎちゃったみたいですね。
     何しろユウ以外は女の人ですし、しかもみんな隠そうとしないですから。(何しろユウのことを女の子だと勘違いしている人もいるくらいでしたから)それに男の子のユウには女の子の裸に対して免疫がないですから、いっぺんに興奮しちゃったみたいで。

     どうやらスタンダップしちゃったらしいです。

     それをめざとく見つけた女の子たちが、
    「可愛〜い♪」
    「ユウくんでも大きくなっちゃうんだね〜」
     とか言って、ユウのそれを弄りはじめました。
    「ユウくんも、ピュッって出てくるのかな?」
     なんて言っていました。

     そのうちユウの表情が苦しそうになってきて。

     白いものが出た次の瞬間、ユウは泣き出してしまいました。

    「ゴメンね、変なことをしちゃって」
    「つい興味が出ちゃったの、ゴメンね」
     泣き出しちゃったユウにさっきまでユウを弄っていた女の子が謝りました。
     私がユウに聞くと、
    「何かおしっこが出てきそうになっちゃって、女の人にかけちゃいけないと思って我慢しようとしたんだけど、我慢できなかった…」
     としょげ返った感じで言っていたので、ちょっとショックだったのかもしれませんね。
    「ユウくん、それはね、君が男になった、という証拠なんだよ」
     私と一緒にユウを慰めようとしていた藤崎さんが、にこやかな表情で言いました。
    「男に?」
    「あのね…」
     そう言って藤崎さんは今起こったことを説明してくれました。
    「だから、ちょっとビックリしちゃったかも知れないけど、これからユウくんが大きくなったら、好きな女の子との赤ちゃんを作りたい、という時にこれが出てくるのよ」
    「そっか… 藤崎さん、ありがとうございます」
    「いいのよ、ユウくんだって女の子ばっかりで興奮しちゃったんだよね。でもそれにつけ込んでエッチなことをしちゃいけないじゃない、若菜さんにさゆりさん!」
     藤崎さんがいった女の子は、口々に、
    「本当にゴメンなさい」
     と謝ってくれていました。

     まあこんなことがあったりしましたけど(笑) とにかく今はみんな楽しそうにブルートレインで東京に戻っています。
     間もなく広島に着くらしいのですが、そろそろ休ませていただきますね。おやすみなさい。

     ちなみにアロエちゃんだけど、
    「あ〜、ゆうくんのお○ん○ん、おっきくなった〜」とか、
    「何か白いものがピュッと出たよ〜」とか言っていました。
     子供だから素直とはいえ…

     …やはりユウ一人でお風呂に入れた方が良かったのかな〜

    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]